ポスター企画① しろとり動物園 | 東かがわ市観光情報サイト

ポスター企画① しろとり動物園

ポスター企画① しろとり動物園

以前の特集でご紹介した「子育ち旅のワンダーランド」ポスターは見ていただけましたか?
(見ていない方はこちら→ https://higashikagawa.net/special/special-1528

今回の記事では、ポスターに掲載した観光スポットの中から、今月1日に新施設「アニトピア」をオープンしたばかりの「しろとり動物園」をピックアップ!
新施設の見どころや、筆者が園内で見た動物たちの写真をご紹介していきます!

新施設「アニトピア」とは??

“全天候型どうぶつふれあい施設”として、今月1日にオープンした「アニトピア」。
施設名の由来は「アニマル」と「ユートピア」からきており、“感じる”・“知る”・“共存する”が施設コンセプトとなっているそうです。
ここからは、副園長さんへのインタビューを、施設内の動物たちの写真と共にお届けします。

副園長さんへのインタビュー

Q.新施設「アニトピア」設置に至った経緯、きっかけ、狙いは何でしょうか?

A.当園は“ふれあい動物園”とし開園して、多くのお客様に生き物との触れ合う場を提供してきました。その活動の中で「もっと子供たちに生き物について感じてほしい」、「命について知ってほしい」、そして「生き物・自然環境との共存について考えるきっかけになる施設を」と位置づけ、オープンいたしました。屋内施設を設けることで、小さなお子様でも、天候に左右されることなく、どんなときでも動物と触れ合うことができると考えました。

Q.「アニトピア」の開館時間はいつでしょうか?

A.開園中であれば、いつでもご覧いただけます。

Q.「アニトピア」の概要を教えてください。

A.施設の広さは約500平方メートルで、鉄筋コンクリート造りになっています。
11月2日現在で、施設内の動物の種類は32種類85頭羽、その後さらに2種類5頭羽が加わっています。数種類の鳥類・爬虫類・哺乳類が暮らしており、赤ちゃん動物に関しては、季節によって入れ替わりがあります。

Q.最大の見どころはどのようなところでしょうか?

A.動物のいる空間に入っていけるところ、また、“動物”と“人”という生き物同士のコミュニケーションができるところだと思います。

Q.施設利用にあたって、お客様に注意していただきたい点はありますか?

A.動物たちが驚いてしまうので、大きな声や急な動きはしないようにお願いしております。
また、生き物たちの縄張りに“人”がおじゃまするという形で運営しているので、生き物たちが快適に暮らせるようご配慮をお願いいたします。

Q.最後に、この記事を読んでくださっている皆様に、一言お願いいたします。

A.この施設内には、生き物たちの暮らしがあります。全ての命に暮らしがあることが、訪れた方に少しでも伝わる施設にできればと考えています。ぜひ足を運んでいただいて、見て、触って、感じて、心に刻む体験をしていただければ幸いです。

インタビューにお答えくださった副園長さん、ありがとうございました!

屋外の動物たちも、見どころ満載!

もちろん、屋内施設も素晴らしいのですが、屋外の動物たちも可愛さ満点なんです。
こちらも、写真でたっぷりとご紹介します!

ミーアキャット

ミーアキャット

ヤギ

ヤギ

アフリカゾウ

アフリカゾウ

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

コツメカワウソ

コツメカワウソ

ウマ

ウマ

カピバラ

カピバラ

マーラ

マーラ

ラマ

ラマ

タヌキ

タヌキ

カンムリヅル

カンムリヅル

ワオキツネザル

ワオキツネザル

いかがでしたか?
雨の日でも存分に楽しめるようになった「しろとり動物園」、ぜひ訪れてみてくださいね!

スポット情報

スポット情報

スポット基本情報

スポット基本情報

スポット名 ポスター企画① しろとり動物園

そのほかの特集記事

Other

  • 【ツアー】東かがわ市の歴史と伝統にふれる旅

  • 美しい旅の終わりに -End of Your Beautiful Journey-

  • 東かがわ市の花・コスモス

  • ポスター第6弾 “子育ち旅のワンダーランド”

  • ジオサイトクルーズ

    090-5718-3534

    10月~3月

  • (東かがわ市ふるさと納税寄付者さま対象)東かがわ魅力発見ツアー